2014年07月14日

Long Term Care

言語聴覚士の井之川真紀です。

昨日の日曜日に、名古屋に研修を受けに行って参りました。

先週藤井STがブログにアップしていた
日本言語聴覚士協会主催の実務者講習会
「地域における言語聴覚療法」−包括的視点を身につけるために−
です。

地域だけでなく、全ての分野で働くSTに聴いてほしいと思う内容でした。
学んだことは書ききれませんが
その中のひとつを。

講師の一人、
永生会在宅総合ケアセンターの山本徹STの講義からの学びです。

私たちのかかわっている「介護」は
英語でいうと、ただの「care」ではなく
「Long Term Care」に当たるのだそうです。
その場その場を上手く過ごせるだけでなく
長い期間にわたるご利用者様の生活を援助し続ける、という意味合いです。
ご利用者様は、
家庭生活と入院生活の往復を繰り返したり、
通所サービスを利用しながら、また時には入所のサービスを挟んだり、
と、地域の中で場所を変えながら生活を継続されます。
つまり町全体が、ご利用者様のホームグラウンドということになります。
そう考えると、
ご利用者様お一人お一人への援助だけでなく
住みやすい地域、住みやすい町になってゆくよう支援することも
私たちに課された役割であるということでした。

言語聴覚士の存在は介護保険行政のなかではまだ一般的でありません。
「私達がどういったサービスで
臨床を通してよりよい町づくり貢献できるかを現場で示さない限り、
スタートにすら立てない」
という、山本徹STの最後のスライドのことばが
胸に響いています。
2014071419510000.jpg


posted by リハリハ at 21:03| 井之川ST | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GIF01.gif




シャローム訪問看護ステーション
【本部】
電話 072-224-7707
FAX 072-224-7737

〒590-0048
大阪府堺市堺区一条通3-2
堺東駅から南に徒歩15分

【サテライト阿倍野】
〒590-0048
大阪府堺市堺区一条通3-2
堺東駅から南に徒歩15分

シャロームリハビリステーション
シャロームリハビリステーション浜寺
電話 072-224-7230
FAX 072-224-7705




タッグ.JPG

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。