2017年02月27日

scienceとart

言語聴覚士の井之川真紀です。

先日、呼吸リハビリテーションの研修に参加してきました。
バリアフリー展の事務局がコーディネートするスキルアップセミナーの特別講義
「難病患者への呼吸リハビリテーション」で
この分野の権威である千住秀明先生が講師して下さったものです。

概説から実技演習まで、丸2日間、朝から晩まで
熱く濃厚に教えて頂きました。
私が苦手な呼吸介助も、しっかり時間をかけて指導して下さり
少しだけ自信が持てるようになりました。
また講義の中での
“リハビリテーションにはscienceとartが必要”とのことばが心に響きました。
科学的根拠をきちんと学び、理論的に考え論理的に実証するscienceと同時に
診て触れて聴いて、患者さんの呼吸のタイミングに合わせて介助する技術、すなわちartが必要
と私は理解しました。
artは、文字や話し言葉からは獲得できないもので
コミュニケーションや嚥下のリハビリテーションでも同様です。
より高いものを目指し努力してゆきたいと思います。

DSC_1003.JPG









posted by リハリハ at 19:14| Comment(0) | 井之川ST | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GIF01.gif




シャローム訪問看護ステーション
【本部】
電話 072-224-7707
FAX 072-224-7737

〒590-0048
大阪府堺市堺区一条通3-2
堺東駅から南に徒歩15分

【サテライト阿倍野】
〒590-0048
大阪府堺市堺区一条通3-2
堺東駅から南に徒歩15分

シャロームリハビリステーション
シャロームリハビリステーション浜寺
電話 072-224-7230
FAX 072-224-7705




タッグ.JPG

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。