2017年02月28日

呼吸理学療法について

こんばんは。理学療法士の松村です。
先週の土曜、日曜日バリアフリースキルアップセミナーに参加してきました。
ブログ2月呼吸.png
今回のテーマは難病の呼吸リハビリテーションについてでした。実際の現場で生かされている福祉用具やコミュニケーションツールの紹介やポジションニング、実際の症例を紹介しグループディスカッションなど多岐に渡る内容でとても充実した2日間でした。

呼吸理学療法では歴史から概論、実技、身体所見や触診、
呼吸理学療法を始める前の準備や身体所見呼吸介助など手取り、足取り丁寧に御指導頂きました。
呼吸器疾患をお持ちの患者様は呼吸苦や息切れの症状を伴う方が多くまず呼吸理学療法を始める前のコンディションニングで全身の緊張状態を緩和させるためのリラクゼーションを実施する事、評価としては肺痰時のポジションニング変化や理学療法実施前後は肺音を聴診器で聴診し、必ず自分自身にフィードバックをする事の重要性を改めて認識しました。

在宅では客観的な検査やデーター情報が少なく評価指標としてはその日の患者様の表情や状態を「何か変化があるのではないか」という視点で捉えると見逃しが少ないという事も教えて頂きました。

明日の訪問に即生かせる内容で私にとっては理学療法の評価の基本の大切さを
再認識出来る実りある研修会であったと実感しています。
呼吸器疾患を伴う御利用者様は勿論現在関わらせて頂いている御利用者様に実践出来るように日々技術を磨いていきたいと思います。


posted by リハリハ at 20:47| Comment(0) | 松村PT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GIF01.gif




シャローム訪問看護ステーション
【本部】
電話 072-224-7707
FAX 072-224-7737

〒590-0048
大阪府堺市堺区一条通3-2
堺東駅から南に徒歩15分

【サテライト阿倍野】
〒590-0048
大阪府堺市堺区一条通3-2
堺東駅から南に徒歩15分

シャロームリハビリステーション
シャロームリハビリステーション浜寺
電話 072-224-7230
FAX 072-224-7705




タッグ.JPG

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。